2018年度長崎県統一秋期模擬試験評価(A~D)について

2018年度、県一斉秋期模試の結果が出ました

昨年度に引き続き、判定は従来とくらべて

やや辛くなっております。

塾協会では追跡調査と去年の判定がやや甘かった

のではないかという反省を踏まえてのことのようですが

当塾のデータと若干そぐわないため、独自に判定しました。



A判定

志望校の成績が合格者の中でトップクラスの場合の判定です。

当塾では過去11年間で、志望校が不合格のケースは

ありません



B判定

志望校の成績が合格者の上位に属する場合の判定です。

当塾では過去11年間で、志望校が不合格のケースは

ありません。




C+判定

志望校の成績が受験生の中位から上位に属する場合の

判定です。従来はほぼB判定として評価されていました。

当塾のデーターを踏まえ、合格率80パーセントと

判定します。


C判定

志望校の成績が受験生の下位から中位に

属する場合の判定です。

当塾のデーターを踏まえ、合格率50パーセントと

判定します。




D判定

志望校の成績が、過去のデーターからほぼ不合格に

相当する場合の判定です。

当塾では過去11年間で、志望校に合格したケースは

ありません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック