キム・メイリン

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書のすすめ

<<   作成日時 : 2015/03/30 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いい本に出会った喜びに勝るものはありません。

本に夢中になり、後、思い出すたびに感動がよみがえる時、

その本に育まれていることを感じます。塾生の皆さんにも、いつか

この喜びを味わってもらいたいです。


 まず、活字に目を通す習慣をつけましょう。

何でもいいですから、自分に関心のある本を読みましょう。

テレビと比較すると、読書は集中力と忍耐を必要とします。

ともあれ、活字と向き合うという姿勢がなければ、

読書はできないでしょう。

最近、ともすると子供たちが切れやすいのは、

この活字文化の貧困が一因ではないのかと思う事があります。


 素読、精読、いろいろな読書の仕方があるでしょう。

手当たりしだいに読むこともあれば、一冊の本を繰り返し読むこともあるでしょう。

私の場合、歳をとるにつれて小説を随分と読むようになりました。

司馬遼太郎の作品が面白く、寝食を忘れて読んでいた時期がありました。

彼の本を数十冊読んだ辺りから他の作家の作品に向かっていったときに

小説の理解が深まっていることを感じました。

以後、好きになった作家の作品を集中して読むようになっていました。

この読み方は私の性分にあっているのかもしれません。

人との付き合いも、「広く浅く」よりも「狭く深く」の方でした。

これまでの私の歩みは、決して褒められるものではなかったにしても

パートナーや親しい友人との生涯にわたるつきあいは、

人間というものの多面性や奥行きを知ることにもなりました。


<伸びしろ(代)>という言葉が、近頃使われるようになりました。

スポーツ界で、将来、活躍してくれそうな選手のことを、

「伸びしろをもった選手」、なんて言い方をします。

<伸びしろ>という言葉の由来についてはいくつか説があるようですが、

「のり代」、「縫い代」といった継ぎに充てるスペアーが、

さらに伸びる可能性、或いは、大器、といった意味合いで

使われるようになったのだと思います。

味わい深い言葉です。


読書は学力に直接結びつくものではありませんが、

その基礎になる想像力と教養を培います。

言うなれば、あなたたちの可能性を広げ、人生を

豊かにしてくれる伸び代です。

若ければ若い程、読書から得るものは大きいでしょう。

(ともすると、受験に向けた目に見える成果を求めて、皆さんから

この大切な伸びしろを奪っている仕事をしている訳ですが・・)。

皆さんも、時間を作ってたくさんの本を読んでくださいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書のすすめ キム・メイリン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる