集中力と探求心

 学習の達成度を測る目安として、集中力と探求心を上げることができます。

入会してまだその適性や能力について何もこちらが知らないお子さんの場合、

成績の良し悪しに関係なく、まずその点に注目します。

 数学では、お子さんたちが解答を得られずに試行錯誤を重ねていく過程

を大切にしています。そのために、用紙に書き留めた式や計算を残しておくように

伝えています。その用紙を見て、集中力や発想力が分かるからです。

 この点は暗記科目である英語についても大いに言えます。

特に、高校生の場合、単語を辞書で繰り返し調べながら、

文脈からセンテンスを理解するように伝えています。

案外根気のいる作業ですが、それを粘り強く続けることによって、

受験英語に最も求められる論理力が養われるのです。

英語の単語を覚え、文法も理解しているのに、英語の点数が上がらないと言った

場合、この作業をもっと丁寧に掘り下げておこなうことによって、飛躍的に成果が

上がることがあります。


では、集中力と探求心を養うにはどうしたらいいか。

読書をすることは効果的な手段でしょう。

文字を追うこと自体、忍耐とイマジネーションを要します。

もちろん、読書だけではないでしょう。いや、それがどうあれ

つまるところ、普段から物事に関心を持とうとする心構えや

生活態度に帰するようなような思いがします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック